北九州 産後ダイエット

北九州初! 子育てママ専門 訪問パーソナルトレーナー

産後の運動を始める前に知っておきたいこと -9

 


北九州・福岡で子育てママ専門の

出張・訪問パーソナルトレーナー として活動している【Licca】(りか)です。

 

今回は産後の運動を始める前に是非知っていただきたいことをお伝えしようと思います。
 
出産後、皆さんはいち早く骨盤のゆがみをどうにかしなくては・・・
 
と思われている方も多いと思います。
 
『おなかポッコリが元に戻らない』『おしりが大きくなった』
 
などなどお悩みはたくさんですよね。
 
 
でもそもそも骨盤ってどういった構造かご存知ですか?
 

骨盤の構造は・・・

 

 

 
 
 
骨盤は左右1対の『寛骨』『仙骨』『尾骨』から構成されています。
 
『寛骨』はさらに腸骨・坐骨・恥骨が一体化して出来上がっています。
 
もちろん男性と女性では形が違います
 
 
 
また上の画像でみるように
 
寛骨はお腹側で『恥骨結合』で連結し、背中側は『仙腸関節』を介して仙骨と連結しています
 
骨盤は身体の中心にあって上は背骨、下は大腿骨に繋がって
 
おわんのような形で私の身体を支えています。
 
骨盤の中には腸・子宮・内臓を保護している機能があります
 
ちょっと難しくなっていましたかね。
 
 

骨盤がゆがむってどういうこと?

 
 
そもそも皆さんが良く使っている「骨盤がゆがむ」って
 
この骨盤がどういう状態になっていることなのでしょう?
 
医学的には骨盤はほとんどゆがまない。ずれても仙骨が数ミリずれるだけだそうです。
 
骨盤の周囲には多数の筋肉や靭帯が繋がって構成されています
 
実は骨盤のゆがみだと皆さんが思っていることは
 
骨そのものがずれているのではなくその周囲の筋肉などが原因で起こる
 
骨盤姿勢の崩れをゆがみと捉えているのです
 
 
1ねじれる
 
2傾く
 
3前傾・後傾
 
4広がる
 
骨盤のゆがみにもいろいろなタイプがあると理解しておいてくださいね。
 
 

簡単に出来る骨盤のゆがみチェック方法

 
ではここで簡単に骨盤のゆがみをチェックする方法をお伝えします。
 
(リビングなど広い場所で行いましょう)
 
 1足元に目印をつけまっすぐに立つ
 
 2そのまま目を閉じて足ぶみを50回行う
 
 3目を開けて自分が立っている位置を確認する。
 
  
 
さあ、結果はいかがだったでしょうか?
 
立っている場所が少しでもずれていれば骨盤がゆがんでいる可能性が高いですよ。
 
骨盤のこと、ゆがみの事 
 
少し理解できましたか?
 
 
 
 

最後までお付き合いいただきありがとうございます

 

訪問パーソナルトレーナー【Licca】でした

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧