北九州 産後ダイエット

北九州初! 子育てママ専門 訪問パーソナルトレーナー

こんなはずじゃなかった・・・ −26 

 


北九州・福岡で子育てママ専門の  
訪問パーソナルトレーナー  として
活動している【Licca】(りか)です。 
 

今日はちょっと前の話を…

 

私には現在9歳と5歳のこどもがいます。

結婚したのが遅かったし

なかなか妊娠できなかったので

不妊治療に通ったりして

やっと一人目を授かりました。

 

 

妊娠中はつわりもさほどつらくは

なかったので出産2ヶ月前まで

仕事をしていました。

 

 

子どもはずっとほしかったので

生まれる前から名前を決めて

呼びかけたり

マタニティスクールにも通って

出産を待ち望んでいました。

 

 

 

予定日には出産兆候がなく

4日過ぎに主治医から

 

『明日陣痛起こらなかったら

陣痛促進剤を使いましょう』

 

と言われていました。

 

薬はできるだけ使いたくなかったので

おなかにいる息子に向かって

 

『早く会いたいから出てきてね~』

 

と語りかけていました。

 

そしてその日の晩

夕食にから揚げを食べているころ

陣痛がやってきました。

 

急いでシャワーを浴びて

病院へ。

 

陣痛はやっぱりつらかった…

立ち合い出産だったので

途中主人に愚痴ったり

叫んだり…

でも私は初産にしては早く

明け方には出産できました。

 

『可愛い赤ちゃんにやっと会えた~!!』

 

でも私の身体は

出産でボロボロになっていました。

 

 

自宅に戻ってからの

24時間体制の育児

起こることすべてが初体験。

 

 

なかなか寝ない息子。

やっと寝付いてベットにおろすと

また泣き出す。

 

昼間は二人っきりで引きこもり

社会から取り残された感 満載。

 

 

近所にはお友達もいなかったので

不安な毎日でした。

 

 

赤ちゃんとの生活って

もっとハッピーな毎日だと思ってました。

 

あなたにもこんな経験ないですか?

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

現在、モニター募集を行っております。

お得な価格でパーソナルトレーニングできるのは今だけです。

 

 

通常価格 12回セッション 80,000円のところ

            ⇩

モニター特別料金 60,000円 

(1回あたり5,000円

(別途 カウンセリング・体験料金5,000円かかります)

 

 

この料金でご案内できるのは

10月末までにお問い合わせ、カウンセリングされた方のみ。

 

詳しくはこちらをごらんください。

https://licca-ktq.com/price

 

気になった方は

お早めにお問い合わせください

 

 

今悩んでいるママへ 子育ては自分一人じゃできません!−25

 


北九州・福岡で子育てママ専門の  
訪問パーソナルトレーナー  として
活動している【Licca】(りか)です。 
 
今日は産後ダイエットというより
子育て真っ最中のママに
知っておいていただきたいお話です。
 
先日、新聞で気になる記事を見てしまいました。
 
『厚生労働省が2014年から2年間の調査で
産後に自殺した妊産婦が全国で少なくとも102名いた。』
 
全国の約100名の産後ママが出産後1年以内に赤ちゃんをおいて
自ら命を絶つなんて。
 

産後うつとはどんな症状

 
そもそも産後うつの症状はどんなものなんでしょうか?
 
産後うつとは、出産後の10人に1人がかかると言われています。
下記に掲載した症状が2週間以上続く状態を『産後うつ」
定義しています。
 
産後は急激にホルモンの分泌量が大きく変動するのも要因の一つ。
 
症状としては身体的症状と精神的症状に分けられます
 
 身体的症状

     ・食欲不振

     ・不眠

     ・腹痛(下痢)

     ・頭痛       など

 

 精神的症状

     ・気分の落ち込み

     ・やる気が出ない

     ・不安感やイライラ  など

 

 

どの症状も子育て真っ最中のママにとっては

大変辛いものになりますね

 

それでなくてもお産で

体力を消耗しているのに、慣れない赤ちゃんのお世話

夜泣きによる睡眠不足なども

産後うつを発症する原因の1つになっているようです。

 

私も一人目の産後はちょっとうつ傾向でした。

自分が頑張ってこの子を育てないと!!

と頑張りすぎたからだと思います。

 

セルフチェックリスト

 

 もしかしたら私もそうかもしれないと思ったあなたに

 簡単なチェックリストをご紹介します。

 

 『エジンバラ産後うつ質問票(EPDS)』

 

 

 このチェックで9点以上の得点だった場合

 早めに、お住いの地域の保健師、

 または女性のメンタルヘルスに詳しい

 医療機関などにご相談されることをお勧めします。

 

一人で頑張ろうとしないで

 

 一言で 『産後うつ」と言っても

 

 症状や治療期間も様々。

 

 軽度の方であれば自然治癒も可能でしょうが

 重度の場合はやはり専門医での

 投薬治療が必要になってくるでしょう。

 

 ママが陥りやすいのは『母乳神話』

 母乳が出ないのにどうにかしないといけないと

 強迫観念に囚われて自分を追い詰めていく。

 

 おっぱいが出なかったら

 ミルクを飲ませてもいいんです。

 

 大きくなればこの子は母乳育ち、ミルクで育ったなんて

 誰にもわからないのですから。

 
 今は実家に頼らず夫婦二人だけで子育てしている家庭も
 多いと思いますが、ご主人は基本お仕事に行くので
 ほとんど赤ちゃんと二人っきり。
 
 
 そんなワンオペ育児していると
 ストレスMAXで自分がダメになっちゃいます。
 
 
 子育ては一人でするものではないですよ。
 辛い時は辛いと誰かに甘えてみましょう。
  
 
 短時間の子ども預かりのサービスなどもあるので
 そういったものをうまく利用して
 自分の息抜きもちゃんとやっていきましょう。
 
 
 私の場合は同じくらいのお子さんのいるサークルに参加したり
 区役所の相談窓口に子育て支援のサービスがないか
 聞いてそこに出かけて行ったりしていました。
 
 
 あなたが声をあげればきっと誰かが手を差し伸べてくれます。
 一人で悩まず是非良い方向に1歩進んでみましょう。
 
 ツライのはあなた一人じゃないですよ
 
 
 
 

産後すぐからできる体操は−23

 


北九州・福岡で子育てママ専門の  
訪問パーソナルトレーナー  として
活動している【Licca】(りか)です。 
 
 
『出産したのにお腹がポッコリ!!』
 
 
 
 
 
私も経験あるのですが、赤ちゃんを産んだらすぐに
元のお腹に戻るって思っていませんでしたか?
 
赤ちゃん生まれたのに意外と自分のお腹がポッコリしていて
びっくりした経験があります。
 
出産したのにお腹がポッコリしてしまうはなぜなんでしょう?
 
 
それは・・・
 
 
子宮がまだ大きいままだから
 
 
当然ですよね。
赤ちゃんは10か月かけてママの子宮で徐々に大きくなりました。
それに伴って子宮も徐々に大きくなっているのです。
 
子宮の収縮は赤ちゃんにおっぱいを吸われることで
オキシトシンと言われる女性ホルモンが分泌され
それが子宮収縮にも作用すると言われています。
 
でも完全に元の状態に戻るまでは6〜8週はかかるので
すぐに戻らなくても焦る必要はありません。
 
それでもちょっとでも早く元の状態に戻したいと思っているママには
ベットでも出来る産褥体操がオススメです。
 

やり方は簡単

 
 
胸式呼吸
 
仰向けに寝て、両方の膝を曲げます。
両手は胸の下のあたりに置き、ゆっくりと口から息を吐きます。
次に胸のあたりにたくさん空気を送り込むように鼻から大きく息を吸い込みます。
息を吐くときはできるだけ全身の力を抜いてリラックス。
これをゆっくり2〜3回繰り返します。
 
腹式呼吸
 
胸式呼吸と同じ体勢から息を吐きます。今度は両手をお腹のあたりに置き、
息を吸い込んだ時にお腹が膨らむように大きく息を吸い込みます。
息を吐くときはフーッって声に出して脱力し、お腹がペタンコになる感じをつかみましょう。
回数は2〜3回から始めて慣れたら5回程度まで増やしましょう。
産後2日3日は無理をせずゆっくりとおこなってみてください。
 
 
 

現在、モニター募集を行っております。

お得な価格でパーソナルトレーニングできるのは今だけです。

 

通常価格 12回セッション 80,000円のところ

            ⇩

モニター特別料金 60,000円 (1回あたり5,000円)

(別途 カウンセリング・体験料金5,000円かかります)

 

 

この料金でご案内できるのは今回限りです。

詳しくはこちらをごらんください。

https://licca-ktq.com/price

 

気になった方は

お気軽にお問い合わせください

 

 
 
 
 
 

帝王切開で出産された方の産後の過ごし方−21

 


北九州・福岡で子育てママ専門の  
訪問パーソナルトレーナー  として活動している【Licca】(りか)です。 
 

帝王切開で出産を終えたばかりのママ。

ご出産おめでとうございます!!

 

 

とても偉大なお仕事を終えた今、

病院でこのブログを見ていらっしゃる方もいるかもしれませんね

お子さんは何人目ですか?

初産?二人目?もっと多いいですか?

出産を経験すると、誰もがショックを受けてしまうのが産後のママの体型。
お腹はすぐには戻らずダルダルなままで

「今すぐにでも産後ダイエットしなきゃ!」

と焦ってしまう気持ちもよくわかります。

 

でもちょっと待ってください!!

 

身体に起きていること

いまは5人に1人の割合で、

帝王切開による出産をしていると言われています。
帝王切開による出産は、自然分娩と全く異なります。

麻酔を使い、ママの体にメスを入れ、

赤ちゃんを取り出す帝王切開による分娩は、

外科的な手術です。

お腹だけでなく、子宮、周辺の筋肉にも手術による切開跡が残ります。

自然分娩とは違い、産後は、

子宮の収縮と同時に傷口も収縮するため、

耐え難いほどの激しい痛みが伴います。

帝王切開後のママの体は、産後の体力低下よりも、

傷口によるダメージが大きいと言えるでしょう。

「出産が楽だ」と誤解されてしまうことの多い帝王切開ですが、

お腹を切っている分、傷口は残るし入院日数は増えるので、

経腟分娩に比べると母体への負担は高めになります。

まずは体をいたわろう!

特に産院を退院した後には、

すぐに赤ちゃんのお世話が始まり、

夜もたっぷりと眠ることができないママがほとんどです。

育児による疲労を回復させるためには、

タンパク質やビタミン、カルシウムなどのミネラル分を

きちんと補ってあげることが必要です。

赤ちゃんのお世話で忙しいママなら、

インスタント味噌汁や冷凍野菜などを利用する方法もおすすめです。

食物繊維とミネラル分が豊富な玄米や発芽玄米に

梅干しや納豆を添え、

体を温める意味でも予め冷凍された野菜をたっぷりと味噌汁に入れ、

予め味付けされた魚をフライパンで焼けば、

手軽に食事を準備することができます。

 

また母乳育児をされているママ、水分補給は足りていますか?

ミネラル豊富なルイボスティーや母乳育児中のママに人気のたんぽぽ茶などを常備するのもおすすめです。

これから暑くなる季節、ご自分が思っている以上に脱水になりやすい状況です

しっかり水分補給していきましょう。

出産で身体は思った以上に傷ついていますし、体力も消耗しています。

赤ちゃんのお世話も大事ですが、ご自分の身体もいたわってあげてください。

ご家族にも協力していただき、

産後1か月はできるだけ横になって

ご自分の体力を回復させるためゆっくりしてくださいね。

 

私のトレーニングは

産後1か月から開始することはありません。

1か月検診で主治医の許可をいただき、傷口の回復具合を確認してもらい

ご自身が普段の生活が送れるようになってからの

開始となります。

(次回ブログでこの辺りは詳しくご説明します)

 

でも1日でも早く始めたいと思われている方には

先にカウンセリングを受けていただくことを

お勧めしています。

 

あなたの産後ダイエットを任せても安心なのか

ぜひあなたの目で確かめてください。

 

現在、モニター募集を行っております。

お得な価格でパーソナルトレーニングできるのは今だけです。

 

 

ホルモンの影響でこんなことが−20

 


北九州・福岡で子育てママ専門の  
訪問パーソナルトレーナー  として活動している【Licca】(りか)です。 
 
前回、妊娠中の女性の体にはホルモンが原因で
様々な体の変化が起こるとお話ししたと思います。
 
先回の記事はこちら
 https://licca-ktq.com/産前/産後ママのカラダに起きる変化は−19.html
 

今回の主役は『プロゲステロン」

前回は『リラキシン』でしたが
今回は『プロゲステロン』
 
さてこの『プロゲストロン」って妊娠前も
一定の周期で増えたり、減ったりしているんですよ。。
 
なんとなくイメージつきましたか?
そう、女性の体の訪れる生理周期に関わっています。
このホルモンは排卵と同時に体内に多く分泌され
女性の体を妊娠しやすい状態に保ちます。
 
わかりやすく言うと
体の中で毎月排卵後、受精卵が着床しやすくなるように
ベットを準備していると思ってください。
 
排卵しても妊娠していなければ、そのベットは必要ないので
生理の時に排出されます。
女性によく見られるPMS(月経前症候群)の症状はこの
『プロゲステロン」の分泌に関係があると考えられています。
 

妊娠中に起こる変化

では妊娠中はどのような役割があるのでしょう?
 
妊娠初期に体が熱っぽい、基礎体温が下がらないことで
『妊娠したかも・・・」って気がついた方もいるのでは。
その症状はこのホルモンがたくさん分泌されているからなのです。
 
また体の中では赤ちゃんに必要な栄養を届ける胎盤
作る役割を『プロゲステロン」が担っています。
 
その他にも子宮内膜を厚くし、流産しにくくする効果や
産後、すぐに赤ちゃんにおっぱいがあげられるよう
乳腺を発達させて母乳を作る準備をしたり・・・
 
妊娠、出産に関してかなり重要なホルモンと言えますね。
 
分泌のピークが妊娠8〜9ヶ月頃、
出産で胎盤が排泄されると急激に激減するのです。
 
妊娠中、出産後にこれだけホルモンバランスが変わると
妊婦のあなた自身にも変化が出てきます。
 

心も不安定に・・・

妊娠中、感情の起伏が激しくなって小さなことでも
いらいらしたり、ご主人に怒りをぶつけたりしていませんか?
 
それはホルモンが自律神経にも影響していて、精神的に不安定になり
倦怠感や気分の落ち込み、感情がコントロールできなくなって
しまうのです。【マタニティーブルー】と言われるものですね。
 
 
他の影響としてはシミが濃くなったり、ニキビができやすくなったり
産後、髪が一気に抜けてしまう状態になったり。
 
妊娠、出産は女性にとって短期間に身体の変化が大きいものです。
特に初めての妊娠では本人も予測できないことが起きたり、
心も体も大変な時期です。
 

オススメの方法は

 
そういう時は知らず知らずに呼吸も浅くなっています。
ソファにゆったりと座るか、ベットに横になり
ゆっくり大きく深呼吸をおこないましょう。
 
好きな音楽を流して
頭を空っぽにして呼吸にだけ意識を向けて・・・
 
そうすることで気持ちがリセットされていきます。
 
ぜひやってみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

妊娠中ママのカラダに起きる変化は−19

 


北九州・福岡で子育てママ専門の  
訪問パーソナルトレーナー  として活動している【Licca】(りか)です。 
 
もうすぐママになるあなたに起きているカラダの変化。
 
これは見た目だけのものではありません。
赤ちゃんを産むという女性として大きな仕事しようとする
カラダには様々な変化が起きています。
 

カラダに何が起きているのか

その一つの原因がホルモンです。
出産育児には様々なホルモンが急激に増えたり
急激に減ったりすることで赤ちゃんが生まれて来やすい
状態に変わっていくのです。
 
今回はそのホルモンのひとつ『リラキシン』
カラダに及ぼす影響についてです。
 
だいたい妊娠がわかる3ヶ月くらいから『リラキシン』
は徐々に増えていきます。
 
このホルモンの役割はズバリ
分娩時に赤ちゃんがスムーズに出てこられるように
関節や靭帯を緩める作用です。
とても重要なホルモンです。
 
なので出産後期〜末期にかけて分泌が増加傾向になります。
とっても大事なホルモンの一種ではありますが
妊娠中のママには嬉しくない影響もあります。
それはズバリ腰痛です。
ホルモンの影響で関節や靭帯がゆるくなることで
骨盤が不安定になり、腰痛の原因の一つと言われています。
(他にも腰痛の原因はたくさん考えられますが・・・)
 

辛い時はどうすればいい?

 
妊娠中はマイナートラブルが起きやすい時期です。
腰痛もある程度は仕方ないと受け入れるしかないのですが
痛みが増す場合はどうにかしたいですよね。
 
かといって『リラキシン』は分娩に欠かせないホルモンなので
分泌を抑えることも難しいです。
 
妊娠中の腰痛の痛みを和らげる方法は
軽いストレッチウォーキングなど無理のない範囲で
毎日少しずつカラダを動かすことです。
 
 
また骨盤ベルトで骨盤を固定してあげると
骨盤の歪みが予防できますし
腹帯で大きくなったお腹を支えることで正しい姿勢を維持できるので
オススメです。
 
ぜひ自分にあった対処法を見つけ、腰痛とうまく付き合いましょう。
 

産後ウツは○○で予防、改善できるんです-15

 


「北九州唯一 妊娠前よりスリムで健康になれる

 ママにやさしい産後ダイエット専門 出張パーソナルトレーナー」

 

北九州・福岡で子育てママ専門の  

出張・訪問パーソナルトレーナー  として活動している【Licca】(りか)です。 
 

今日は視点を変えて産後ウツのお話です。

 
あなたはマタニティブルーズ産後ウツの経験はありますか?
 
 

産後ダイエットはいつから始めるの?-8

 


北九州・福岡で子育てママ専門の

出張・訪問パーソナルトレーナー として活動している【Licca】(りか)です。

 

 

さて今日からは産後ダイエットについて少しずつ具体的な方法について
 
お話ししようかと思います。
 
みなさんは、産後いつから運動出来るとおもいますか?
 
①2週間後
 
②1ヶ月後
 
③3ヶ月後